Get! Beauty フィリピン 魅力の国の情報をお届け!

ビューティ&オーガニック
2018/04/02

フィリピン発Bean to Barチョコーレート

今、チョコレート界の”サードウェーブ(第3の波)”と言われている、Bean to Bar(ビーントゥバー)チョコレート

良質なカカオが取れるフィリピンでも、この流れに乗って、Bean to Barチョコレートのブランドが次々と生まれています。

 

Bean to Bar(ビーントゥバー)とは?

Bean(カカオ豆)〜Bar(チョコレートバー)までの全ての製造工程を、一つの工房・地域で行うことを意味します。

 

以前はブレンドされたチョコレートを、工場で溶かしなおし、独自の味付けをして製品化するものがほとんどでしたが、Bean to Barは2000年頃からアメリカで始まり、今ではチョコレートの本場ヨーロッパにも広がり、カカオの原産国:アフリカやベトナム、フィリピンなどでもそのムーブメントが起こっています。

 

Bean to Bar(ビーントゥバー)の魅力

豆の状態や季節などの様々な条件に合わせて、きめ細かく、製造の方法を変えることができ、カカオの風味の特徴を生かした、チョコレートを作ることができます。

 

また、新鮮な状態のチョコレートを供給できるので、深い味わいと香りを存分に楽しんで頂けるのも魅力です。

 

フィリピンのBean to bar(ビーントゥバー) ブランド

フィリピンのBean to bar ブランドは、フィリピン各地の様々なカカオを使い、そのカカオの特徴を引き出した、カカオの味を堪能できるチョコレートや、

フィリピンの南国フルーツやナッツを加えて、チョコレート+αのフレーバーを楽しめるチョコレートであることが特徴です。

 

 

Auro Chocolate 

Aurochocolateアウロチョコレートbean to Bar

Beyond Bean to Barをコンセプトに世界で5%しか生産されない希少品種:クリオロカカオを、世界品質のチョコレートに作り上げたブランド。
 
ヨーロッパから輸入した機械でチョコレートにし、今までのBean to Barの枠を越え、ヨーロッパでもファンが急増中のブランドです。
ホームページ(英語):http://www.aurochocolate.com/
 
 
 
THEO and PHILO
Theo and Philoフィリピンbean to Barチョコレート
フィリピンの老舗Bean to Barブランド。
フィリピンらしいフレーバーの組み合わせと、ポップなパッケージが特徴。日本ではなかなか
味わえない、南国・フィリピンのフルーツやコーヒーなどのフレーバーが豊富で、若者を中心に人気のチョコレートブランド。
ホームページ(英語):https://theoandphilo.com/
 
 
 
どちらのブランドも、フィリピンのお土産ショップや、コーヒーショップなどでも購入できるので、
ぜひフィリピンに行かれた時に、お土産にされてはいかがでしょうか?
 
PREV         一覧         NEXT

フィリピン発Bean to Barチョコーレート

ページトップへ