モリンガ製品

  • 製品ができるまで
  • 製品ができるまで
  • 製品ができるまで

モリンガについて about moringa

"奇跡の木" モリンガ

人間に必要な栄養素を豊富に含む
奇跡の木(miracle tree)
環境も守る 次世代のスーパーフード

モリンガは、"奇跡の木""薬箱の木"呼ばれ、多くの地域で食され、人々の健康を支えて来ました。

インドの伝統医学:アーユルヴェーダの書物には、モリンガは300もの 病気を予防すると書かれています。

近年、JICAや世界食料計画が栄養改善プログラムでモリンガを採用したり、モリンガを使った環境保全活動を行うNGOが増えていたり、モリンガの栄養価の高さと高い二酸化炭素吸収量は世界に認められています。

モリンガはその栄養価の高さと、環境保全効果から、"次世代のスーパーフード"と呼ばれています。

モリンガの葉
モリンガが描かれている古代絵

人間に必要なほぼ全ての栄養素が豊富なモリンガ

モリンガには、人間に必要なほぼ全ての栄養素、ビタミン、カルシウム、アミノ酸等が、豊富に、そしてバランスよく含まれています。

モリンガの栄養成分 (モリンガパウダー100gあたり)

エネルギー 377kcal ビタミンB1 2.65mg
炭水化物 51.4g ビタミンB2 20mg
脂肪 7.3g ビタミンB3 8mg
食物繊維 19.2g ビタミンC 150mg
0.57mg カルシウム 2010mg
鉄分 28.2mg マグネシウム 368mg
ビタミンA 3000mg リン 205mg
カリウム 1320mg リシン 1325mg
たんぱく質 26.5g メチオリン 345mg
亜鉛 3.24mg フェリルアラニン 1392mg
ポリフェノール 2300mg トレオニン 1182mg
アルギニン 1318mg トリプトファン 428mg
ヒスチジン 614mg パリン 1064mg
イソロイシン 821mg γーアミノ酸(ギャバ) 162mg

San Carlos University laboratory

栄養成分を比較してみると・・・

モリンガの栄養成分 カリウムはバナナの15倍、タンパク質はヨーグルトの9倍、鉄分はほうれん草の28倍、ビタミンAはニンジンの10倍、カルシウムは牛乳の16倍、ビタミンCはみかんの5倍

モリンガつかいかたレシピ

こんな方にオススメです

モリンガは、天然のサプリメント。以下のような方々に特にお勧めしています。

モリンガ 妊活 オーガニック フェアトレード
妊活したい方
モリンガは、妊活中に摂取を勧められている葉酸、鉄分、カルシウム、マグネシウムなどの
栄養成分を豊富に含んでおり、妊活中のコンディション作りに最適です。
おすすめの妊活レシピはこちら
お子様を母乳で育てたい方
モリンガには、母乳を作るのに必要な鉄分、
タンパク質、ビタミンB1、B2が豊富に含まれており、ノンカフェイン。
お子様を母乳で育てたいお母様方の強い味方です。
*血圧が高めの方
モリンガには、血圧を抑制する効果のあるギャバ
(γ-アミノ酪酸)が豊富に含まれています。
*心の健康を保ちたい方
うつ症状の改善に良いとされる葉酸やビタミン類を豊富に含むモリンガ。
アーユルヴェーダでも、心と体のバランスを整えるハーブとして、昔から使われています。 
*お通じを良くしたい方
モリンガの栄養素に多く含まれる食物繊維やビタミン、ミネラル、アミノ酸の働きでお通じを良くし、デドックスを促します。
*栄養のバランスが気になる方
モリンガの豊富でバランスの良い栄養素が、
栄養バランスの方偏りを防いでくれます。
*薬に頼らず、健康になりたい方
モリンガは100%植物の天然サプリメント。 子供様からお子様まで安心してお召し上がり頂けます。
モリンガつかいかたレシピ

Girls, be Ambitiousモリンガの特徴

01原料生産から製品化まで一気通貫自社管理

フィリピン・イロコスノルテ州にある自社農園で、
「無農薬・非遺伝子組換え・フェアトレード」の基準で育てたモリンガのみを使用し、原料・商品製造まで、一気通貫、自社管理で製造したモリンガをお届けしています。

私たちのモリンガは一般に販売されている遺伝子組み換え種ではなく、モリンガオレイフェラの在来種のみから作られ、活発で良質なソマチットが豊富に含まれています。

※ソマチットとは38億年前から存在する生命体で白血球以前の基礎免疫で、すべての生命の根源とされています。
健康な人ほどソマチットが活発に活動しており、ソマチットが活性化すれば体も健康になって行くとされ、DNAを持たない不思議な生命体として注目されています。

オーガニック モリンガ フィリピン フェアトレード

01フェアトレードの考えに沿った生産

~消費者、生産者、そして環境、“すべてにフェアな”フェアトレードモリンガ~

私たちは、フィリピンの農園での農業開発からスタートした会社です。
農業開発の中で、フィリピンでの作物の品質をあげるためには、農家の技術向上だけでなく、彼らの健康と適切な働く環境を整え、
長く働く環境を整えることが不可欠だということを学びました。

モリンガの商品作りにおいても、適切な賃金とフェアトレードの基準で
生産者・農家が持続的に作り上げるからこそ、
高品質な商品を作り上げることができると信じています。
 

 

GBAフェアトレードアイコン小.gif

フェアトレード モリンガ 生産者 Girls, be Ambitious

01美味しさと安心・安全を作る、独自の製造方法

フィリピン農業省協力のもと、作り上げた独自の美味しいモリンガを作る製法を作り上げました。

Girls, be Ambitiousのモリンガはフィリピン・イロコス地方で栽培されています。
製造方法にもこだわり、その日の朝にとったモリンガを直ぐに加工工場に運び、その日のうちに乾燥(乾燥機で乾燥)を行います。 

その後、乾燥のモリンガ茶葉を日本に輸送し、日本の有機JAS認定工場で、商品化し、お客様にお届けしております。

モリンガの新鮮さを守り、きちんとした衛生管理のもとで製造されたモリンガ製品をお届けしております。

モリンガ フェアトレード生産者 Girls, be Ambitious
 

モリンガの種類(在来種と遺伝子組換え種の違い)

モリンガ オレイフェラ 在来種

モリンガには100種類ほどの種類があり、種類によって香りや味、花の色など様々な違いがあります。
一般的に栄養価が高く、日本茶・抹茶に近い味と言われるのは、
モリンガオレイフェラ(Moringa oleifera)と言われる種類で、
主にフィリピンやインドの在来種と言われている種類です。

近年、モリンガはスーパーフードとして食品に加工される量が増え、
またモリンガの種から抽出されるモリンガオイルは、
高級美容オイルとしてヨーロッパを中心に流通量が増えて来ました。

それに伴い、インドではモリンガオレイフェラの遺伝子組み換え種やハイブリット種(PKM1/PKM2)が開発され、
商用モリンガの栽培に使われるようになりました。

モリンガオレイフェラ 在来種(※イロコスモリンガ)と遺伝子組み換え種の比較

モリンガ 栄養価比較 Girls, be Ambitious イロコスモリンガ

イロコスモリンガとは?

イロコスモリンガ ilocosmoringa ロゴ

イロコスモリンガとは、 フィリピン農業省の監修により作られたモリンガの品質基準で、
「農薬不使用・非遺伝子組み換え・フェアトレード」の基準を満たす
モリンガにのみ付与される認証で、
有機JAS基準より厳しい基準が設けられています。

Girls, be Ambitiousのモリンガは、イロコスモリンガ認証のモリンガです。
 

 

モリンガ製品ができるまで
 

 

モリンガの環境保全効果

モリンガはCO2(二酸化炭素)を一般植物の20倍近く吸収し地球環境(地球温暖化防止)にも貢献しています。

モリンガの環境保全効果 人間の呼吸で出るCO2は年間約320kg これを吸収するには、一般の木は約23本必要(植林から10年以上の木) モリンガだとたったの2本だけ(植林から2年以上のモリンガ)

荒れた乾燥地や汚れた水しかない地域でも育つため、アジア、アフリカ各地で
モリンガ植林を行い環境保護を進めるプロジェクトが行われる等、
世界がモリンガの環境保全効果にも注目しています。

モリンガについて

ページトップへ