GBA製品のつかいかたレシピ recipe

美容レシピ

夏のボディケア

ココナッツオイルの主成分ラウリン酸(母乳成分)はお肌を弱酸性に保ち抗菌作用もあるので、日焼けした時やむだ毛処理をしてお肌がカサついている時には、特におすすめのボディケアオイルです。

日頃のケアとしても、以外と乾燥しがちな膝・かかとの保湿オイルとして、またリンパマッサージ用のオイルとしてもお使い頂けます。

夏のボディケアの方法

 

紫外線をたっぷり浴びた日やむだ毛処理をして日など、

夜、お風呂上がりの清潔な素肌に塗って頂くと、お肌の回復に繋がります。

 

ココナッツオイルには、母乳成分のラウリン酸が約50%も含んでいるため、抗菌作用があります。
抗菌作用のほか、お肌を弱酸性に保つ作用、保湿効果もあるという優れものです。

 

コツ・ポイント

お肌のトラブルがある時にお使い頂くと、効果的です。

ココナッツオイルとは?

PREV         一覧         NEXT
  • MORINGA モリンガのレシピ
  • COCONUT OIL ココナッツオイルのレシピ

夏のボディケア

ページトップへ